飲食設備がある居ぬき物件のメリット

>

もし居抜き物件を利用せずに、新しく店舗を作るなら

居抜き物件を選ばず、一から店舗を作る場合

具体的に、金額で考えてみましょう。
と言っても、お店の広さやどれくらいの内装を施したいのか、その目指す所によっては金額は必ずしも同じとは限りませんが、だいたい一般的に必要だと言われている費用の相場で考えてみます。

例えば、物件に何もついていない状態(スケルトン物件と言われています)から、リフォームや内装を施して、新しい設備を設置すると一体いくらくらい費用がかかるでしょうか?

あくまで概算で、ですが例えばイタリアンなどの洋食店だと以下のような感じだと言われています。
10坪の店舗を何もない状態から改装する場合。
天井、壁、床の内装工事で約120万円、電気、ガス、水道などの付帯設備一式工事で90万円かかると言われています。

毎月かかる費用

工事費だけでかかる費用なので、それ以外にテーブルや椅子、調理器具や設備、什器を購入すれば更にその分上乗せになります。
業務用のエアコンを入れれば更に1台約50万円の費用が追加止まります。
全てを新しいものに囲まれてビジネスをスタートするのは気分が良いですが、現実を考えるとそれを賄えるだけの収入が見込めなければ多額の負債を抱えることになってしまいます。

改装費用だけでなく、賃貸物件には敷金や賃料など必ず発生する費用を考える必要があります。
立地条件にもよりますが、仮に坪単価12万円の場所だった場合で、
敷金が60万円、仲介業者がいた場合は業者に支払う手数料が10万円、前家賃(契約の翌月分)で10万円ほどの費用を見込んでおく必要が出てきます。


この記事をシェアする